和歌山県中小企業家同友会青年部会

活動方針
和歌山県中小企業家同友会青年部会
活動方針

Organization
- 組織 -

令和4年度和歌山県中小企業家同友会青年部会
幹事長 (株)紀陽ユアーズ 宇恵 友広

「勇猛邁進」
~目標に向かって、突き進もう!~

【青年部会10年ビジョン】

和歌山の経済と人を動かす青年部会
変化を創り出し、未来を切り拓くオンリーワン企業

【活動目的】
当会は昨年度、設立10周年を迎えることができました。
刻々と変化する時代の中で、今日まで青年部会という成長の場を繋いでこられたもの、ひとえに諸先輩方をはじめとする青年部会に携わっていただいた皆さまの多大なるご尽力のおかげであります。
そして、私たちは地域を支える青年経営者として、この10年を礎とし、次なる10年、20年に向けて青年部会と社業のさらなる成長を続ける必要があります。
しかし、ここ2年は新型コロナウィルスの影響により、思うような活動ができない状況にあります。
そのような状況下においても、私たちは高い志、目的意識を持ち、社業の課題解決や地域経済の発展に挑戦することで、地域から必要とされる企業にならなければなりません。
また、会員同士の交流を通して、互いに切磋琢磨しあい、経営者として成長し続ける必要があります。
私たちは常に現状把握をし、先を見据えることで、経済と人を動かし、変化を創り出し、未来を切り拓くオンリーワン企業となるために活動します。

活動方針.田和
経営指針委員会
委員長 (株)田和農機 田和 慎司

目標達成
~自分、家族、社員を幸せにするために~

【目的】
青年部会メンバーのレベルアップをサポートする。
青年部会の10年ビジョンに向かって前進していくためには、青年部会メンバーの経営者としてのレベルアップが重要になってきます
2022年度の経営指針委員会は、経営指針作成例会、MG研修、合同例会を通じて青年部会メンバーの経営者としてのレベルアップを図ります。
また、委員会メンバーが、良い仲間となれるような環境をつくります。
【委員長の意気込み】
私は、同友会に入会した年に、経営指針作成セミナーに初めて参加し、そこから、6年ほど毎年経営指針作成セミナーに参加して、自分のビジョンや考え方を現した経営指針書、経営理念を作ることが出来る様になりました。
私はこの経営指針書、経営理念を作ることにより、経営の迷いが減り、判断も早く出来るようになりました。
また社員にも会社の方針を正確に伝えられるようにもなりました。
このように自分には大変有効だった経営指針作成ですが、今回はその経営指針作成例会を運営する側になることが出来て、大変うれしく思います。
また、MG研修、大阪青年部会との合同例会の運営も深い学びがあると思いますので、委員会で協力しあい運営に取り組んでいきたいと思います。

活動方針.矢野
広報渉外委員会
委員長 (株)プラム 矢野 好生

不変と可変

【目的】
県内外や他団体との交流や連携を通じて、青年部会の周知・PRを積極的に行い、コロナ禍においても変わらない情報量を保持し、発信方法においては時代の流れに取り残されないよう、可変し情報共有を行います。
また、一番変わってはいけない会員同士の絆を大切にできるような運営を心掛けることを本年の目的とします。
【委員長の意気込み】
広報渉外委員会に関わらせて頂いて4年目となりました。
活動における前準備や共有すべき事柄が予め予想できるようになってきておりますので効率よく運営できることを心掛けて参りたいと思います。
また、一年間大変ですが何事にも楽しんで活動していきます。